知ってるけど上手く説明できないインフィールドフライを徹底解説

内野フライを故意に落とし、ダブルプレーを狙うことを禁止するために生まれたインフィールドフライ。

審判をやっているとインフィールドフライについて詳しく聞かれる事も少なくない。

選手や監督もインフィールドフライについて詳しく説明できる人は少ないだろう。

そんなインフィールドフライについて理解を深めてもらいたい。

f:id:to-ichi:20171120142723j:plain

そもそもインフィールドフライとは

・アウトカウントがノーアウトor1アウト

・ランナー満塁or1.2塁

上記を満たすとき内野フライが上がればインフィールドフライとなる。

ただしこの内野フライの捉え方が一番難しいのだ。

一番重要な点

内野フライに対し普通の守備をしたとき、野手が捕れるかどうかを、審判はフライの頂点付近までに判断しコールする。

この普通の守備というのがとにかくややこしい。

普通の守備 3つのポイント

1.フライ頂点付近で野手が確実に捕れるかどうか判断

→捕れるか際どい時には適用しないし、選手の動きを良く見る必用がある

2.定位置を基準に考えるのでなく、現在守っている位置から捕れるかどうか

→前進守備や特別シフトをとっている場合「定位置に守っていれば捕れる」という理由でコールしてはならない

3.小フライでも頂点付近で捕れる確信がある時のみ

→考える時間が短いからと焦ってはいけないし、不安だったら適用してはならない

いずれにしても自信がなければ適用しない。

選手の動きと打球の具合を見定めることが重要である。

また草野球で良くある「ショートは経験者、セカンドは素人」のような場合、ショートやや後方のフライはインフィールドフライを適用し、セカンドやや後方のフライはインフィールドフライを適用しないなど、選手能力も判断材料の一つである。

インフィールドフライをかけず選手から抗議があれば「フライの頂点付近までに捕れそうな体勢ではなかった。捕れそうだと判断すれば、迷いなくかけていた」のように審判は反論する。

なんにせよ審判が自信を持つことが必要なのだ。

フェアかファールか際どいとき

通常のコールは天に人差し指を突き上げ「インフィールドフライ」とコールする。

ただし際どいときは動きは一緒だが「インフィールドフライ、イフ フェア」このようにコールが変わる。

「イフ フェア(if fare)」は日本語にすると「フェアだったら」となり、全体の意味は「フェアだったらインフィールドフライ(を適用)」となる。

インフィールドフライ宣告後に、野手に触れずにフェアゾーンに落ちた。しかし回転でファールゾーンに転がっていった。

この場合はファールになるという訳だ。

もちろん直接ファールゾーンに落ちても同じくファールだ。

ラインをまたいでフライを落球。

この場合、フライを触った時のボールがフェアゾーンならインフィールドフライでバッターアウト。

ファールゾーンで触れていればファールになり、ボールが落ちた場所は関係ない。

際どいと思ったら「イフ フェア」を付け足すのだ。

誰か一人でもコールしたら同調

インフィールドフライはそのグランドにいる審判のうち誰か一人でも、判断しコールしたら適用される。

4人制審判の場合、3人が「適用外だ」と判断しても1人が「適用だ」と判断しコールしたら、適用外だと判断した3人も同調しなければならない。

全員がコールするのには意味がある。 ・選手に伝えやすくするため ・1人より4人にコールされた方が説得力がある

おわりに

新人の頃、インフィールドフライを1番にコールすることはとてもドキドキした。

先輩審判がコールした後に同調するだけで精一杯だ。

しかし自信をもって1番にコールし、回りが続いてくれた感動は今でも覚えている。

自分が成長したと感じた瞬間だ。

このようなまとめでは納得いかないだろう。

インフィールドフライは審判の感覚に左右されることがある。

しかし裏を返せば、それほど難しいルールでもある。

インフィールドフライというプレーは1試合のなかで、続くときは不思議と続くが、無いときは全く無い。

インフィールドフライの感覚を鍛える方法は場数だ。

もしインフィールドフライを自分の感覚と擦り合わせたいのなら

「このフライはインフィールドフライで、このフライは違うんだな」

というように、インフィールドフライに対し敏感に見ることが一番の近道である。

野球うんちく一覧!!日々更新中!!

こちらをクリックしていただけると、ブログ運営の励みになります。 どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ

捕手はランナーをしなくてよい!?テンポラリーランナー

2アウトになったら捕手はランナーをせずにベンチへ戻り、代わりのランナーを出せるルールが存在する。

野球でなくソフトボールのルールだが、そのランナーをテンポラリーランナーと呼ぶ。



f:id:to-ichi:20171122222708j:plain


テンポラリーランナーとは

ソフトボールで2015年に導入されたばかりと、歴史の浅いルールである。

内容は捕手が2アウトでランナーに出たとき、打順の一番遠いランナーに代えることができる。

また捕手がランナーでいるときに2アウトとなった際も適用できる。

【例1】
2アウトから4番打者の捕手が出塁。
そのランナーを3番打者と交代できる。
3番打者が出塁中の場合は2番打者、3.2番打者が出塁中の場合は1番打者と交代できる。

【例2】
1アウトから4番打者の捕手が出塁。
続く5番打者が打ち取られ2アウト。
2アウトになった時点で3番打者(出塁中なら例1同様)と交代できる。

テンポラリーランナーは使用しなくても良く、攻撃側チームに決定権があるルールだ。

作戦

テンポラリーランナーにより作戦の幅は広がる。

足の早い選手・走塁のうまい選手を捕手の打順の前に置くことで得点のチャンスを広げることが可能。

またテンポラリーランナーが盗塁をすれば、その盗塁をしたテンポラリーランナーに盗塁の記録が付くため、盗塁王を狙う際にも有効的。

指名打者を使用せず投手に打たせる場合には注意が必要だ。

投手を走らせることは、その後の投球に悪影響を及ぼす可能性が増えるということだ。

よって捕手の前に投手を打たせる打順だと、投手の体力温存からテンポラリーランナーを使いにくくなる。

投手を打たせる際には、必ず捕手の後ろにしなくてはいけない。

導入目的

捕手のプロテクター装着をイニング終了後でなく、イニング中にすることで試合時間短縮に繋がる。

野球にも導入されるか検証

テンポラリーランナーがソフトボールに導入された当時、野球界には無縁だと感じていた。

なぜなら野球とソフトボールでは、投げ方・イニング・ソフトボールではランナーがベース上でヘルメットを故意に取ったらアウトなど、ルールが異なり、お互い独自の変化を遂げてきた。

似ているようで全く別のスポーツなのである。


しかし2017年のルール改正でMLB(メジャーリーグベースボール)は、ソフトボール独自のルール故意四球(「敬遠します」と球審に申告すれば投球せず四球となる)を野球に導入したのだ。

詳しくはこちら↓

この前例によりソフトボール・野球の共有できる良いルールは積極的に共有していこうという流れができ、テンポラリーランナーも導入される可能性が高くなった。

おわりに

時間短縮を推奨している野球界。

テンポラリーランナーは将来的に導入したいというのが本音だろう。

ただしテンポラリーランナーは応急処置程度しか時間短縮に繋がらない。

時間短縮に本気で挑むのであれば、野球規則の抜本的改革が必要だ。


私はテンポラリーランナーの制度に賛成である。

走塁を武器にしている選手は更に活躍の場を増やすだけでなく、足の遅い強打者(捕手)の敬遠が減り、白熱した対戦を見る機会が増えるなど、見る側からしたら興奮の連続だ。

また審判からしても試合テンポの早さは魅力的だ。

体力・集中力は有限であり、試合が長いと選手だけでなく審判もだらけやすい。

捕手のプロテクター装置がゆっくりだと間延びし好ましくない。

高校野球ではないが、攻守交代を速やかに行ったテキパキとした試合は審判の集中力が持続しやすい。



よって私を始めた審判員はテンポラリーランナーを大いに歓迎する。


野球うんちく一覧!!日々更新中!!

こちらをクリックしていただけると、ブログ運営の励みになります。
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ

野球うんちくNo.12 野球場には理想とされる方角がある

野球場には良い方角が存在し、野球規則には

本塁から投手板を経て二塁へ向かう線は『東北東』に向かう事を理想とする

このように明記されている。


ではなぜ『東北東』が良いとされているのだろうか?

それは太陽の向きが大きく関係している。



f:id:to-ichi:20171121144855j:plain



太陽が高い位置にあるとき、打者・投手の対決には影響がない。影響を受けるのはフライが上がった時だ。

しかしプロ野球が行われるのは18時前後であり太陽の位置が低い。

この時センター後方に太陽があると打者は投球が見づらく、捕手も捕球できないし審判にも危険が及ぶ。

そこで捕手後方に太陽が来るよう球場を配置するよう努めているのだ。


しかしこれでは投手を含めた野手が眩しく守備側が危険との声もある。

広島カープの本拠地であるマツダスタジアムや、メジャー球場ではこの規則を守り造られている。

そのためマツダスタジアムでプレーする選手やメジャーリーガーは、サングラスや反射止めの黒いシールをよく使用する。

むしろ使用しないと見えない。


しかし他の日本プロ野球球場では野球規則通りでなく、交通の利便性を優先したり打者有利にならないよう配置を変えている所が多い。

日本の一般球場では昼間に野球をすることを主とし、東北東を基準に考えないとの声もある。



ドームであれば太陽の影響はないが、屋根の無い球場では西日を考えなければならない。

特に日差しの強いとされる西南西を避け、打者・捕手・審判の安全を最優先にグランドを配置することが野球規則では理想とされているのだ。

野球うんちく一覧!!日々更新中!!

こちら↓をクリックしていただけると、ブログ運営の励みになります。
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ

一球も投じず敬遠!?メジャーでは既に導入~概要・日本への導入予想~

皆さんは2017年よりMLB(メジャーリーグベースボール)で導入された故意四球をご存じだろうか?

今まで存在していた「敬遠」とは訳が違う。

そもそも故意四球は2013年にソフトボールで先行導入され、2017年にMLBで導入、NPB(日本野球機構)では未導入である。

f:id:to-ichi:20171119152929j:plain

故意四球とは

四球の条件はボールカウントが4つに達することだ。

そのために敬遠の時でも投手は最低4球投じる必要がある。

そこで今回導入された「故意四球」は監督又は捕手が球審故意四球の旨を申告し、1球も投じることなく、ランナーを四球扱いとして1塁へ送ることができる。

細かく説明すると ・いかなる投球カウントでも故意四球を申告することができる (一人の打者に何球か投じた後でも申告可能)

故意四球の申告があった際、審判はタイムをかけボールデッド扱いとする。その時他のランナーはフォース(つまっている)状態でなければ進塁できない

・投球数は四球になるまでカウントされる (1球も投じてなければ+4球カウントされ、すでに2球投じてカウント2ボールであれば+2球カウントされる)

故意四球導入についての反応

田中将大投手(現ニューヨークヤンキース)は制度導入に賛同。

またメジャーリーグ選手会も同じく賛同している。

理由としては

・投手負担の軽減

・試合時間短縮に繋がる

この2つが大きなメリットとなり導入の決め手となった。

投手負担については特に良い声が聞こえてくる。

敬遠の際に捕手はホームベース裏にいなくてはならない。

そこで打者の届かない所へ投球するということは、捕手が構えていない所へ投球することになる。

また敬遠では山なりしかり、肩を温存しながら投球する投手もいる。

敬遠後に全力投球に戻ると制球を乱す投手がいるように、桑田真澄は敬遠でも全力投球するよう指導している。

この事から、常に全力投球ができる環境の故意四球は賛同の声が多いのだ。

しかし試合時間短縮には賛同の声ばかりではない。

近年敬遠が減少傾向にあるなか、必要があるのか。

また敬遠の時間は微々たるもので、大幅に時間短縮を目指すのであれば、規則の抜本的改革が必要との声もある。

日本野球に故意四球は導入されるか否か

MLBが導入をしたのだ。NPBが導入するのは時間の問題だろう。

ただ現在NPBでは故意四球導入の議論はされていない。

2018年の規約変更は現時点で「リクエスト制度」のみと予想されている。

リクエストの詳細はこちらを読んでいただきたい。

2020年の東京オリンピックでは野球が種目として選ばれた。

ルールに関してはメジャーを基準にするだろう。

日本人もルールに慣れる必要がある。

2019年に故意四球を含め、大幅な規約改正が行われると私は予想する。

またこの規約改正は日本だけでなく、全世界で行われるだろう。

おわりに

私は選手と審判を現役で続けている。

両方の目からしても「故意四球」というルールは魅力的だ。

敬遠をしている間は投手も打者も審判も気持ちが抜けやすくなる。

そこから再度気持ちを入れ直すのは得意不得意がある。

私は不得意な方だろう。

また審判をしていて、敬遠後に制球を乱す投手を良く見る。

ただひとつ心残りは、敬遠によって生まれるドラマが無くなってしまうことだ。

甲子園で見せた全打席敬遠をされる松井秀喜

あの切ない顔は全国の野球ファンの心を動かしたし、今でも松井を語る上では欠かせない。

敬遠球をサヨナラヒットにした新庄剛志選手も、野球ファンなら誰でも知っている。

また敬遠パスボールで試合が動く事もごく稀にある。

そんな誰もが予想しない事態を作ってくれる敬遠。

故意四球が導入されたとすれば、3年もすれば馴染む。

誰も違和感がなくなるだろう。

でも私たちの心のなかには「敬遠」というルールがあり、そこにあったドラマがある。

10年後、20年後だろうか。

「敬遠」という言葉を知らない子供たちが野球を始めたとき、興味を持ったとき、このドラマを語り継ぎたい。

野球うんちく一覧!!日々更新中!!

こちら↓をクリックしていただけると、ブログ運営の励みになります。 どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ

野球うんちくNo.11 選手を守るラバーフェンス~一人の虎戦士の思い~

今ではほとんどの球場に採用されているラバーフェンス。

ラバーフェンスとはコンクリートフェンスにクッション製のマットを張り、選手の安全を守るフェンスのことである。

このラバーフェンス採用には、熱くも悲しい一人の虎戦士、佐野仙好の物語があった。

f:id:to-ichi:20171118230220j:plain

1973年のドラフトに1位で阪神に入った佐野と、6位で同じく阪神に入った掛布。

1975年から二人は三塁手のライバルとして熾烈なレギュラー争いを始め、対戦相手が左投手なら佐野、右投手なら掛布。打順は気負いなく打てる8番。

お互いが一番輝ける場を当時の吉田監督は二人に用意した。

練習にしても掛布が5日で新品のバッティング手袋に穴を空けようものなら、佐野は4日で穴を空けた。

佐野が体重を2週間で1キロ上げたら、掛布は2週間で2キロ上げたとまで言われている。

手袋に穴を空けたから上手くなる訳ではないし、体重を上げたから飛距離が簡単に上がる訳ではない。

それでもお互いは何一つ負けたく無かったのだ。

しかし佐野は掛布に敗れた。

スーパースター掛布誕生には、佐野という男は必要不可欠だっただろう。

当時の監督は佐野の技術を、掛布との争いで身につけた闘志を高く評価し、レフトというポジションを佐野に与えた。

レフトで花を咲かせた佐野は1985年、当時のライバル掛布と共に日本一になる。

そんな佐野だが1975年4月29日、川崎球場で行われた大洋(現DeNA)戦、悲劇が襲う。

7対6と阪神1点リードで迎えた9回裏1死一塁。

レフトを守っていた佐野は打球を追って、コンクリート製のフェンスへ向かって飛び込む。

頭からフェンスに衝突したのだ。

闘志溢れる佐野は捕球こそしていたが動かない。

ランナーがいるためプレーは続いている。

タッチアップをしていたのだ。

キャッチャー田辺は近くにいたセンター池辺に「早く返球しろ!」とばかりに指示を出すも、池辺は佐野のグラブからボールをとろうとしない。

プレー云々より、佐野の様子が尋常じゃないことから、一刻も早く救急車を呼ぶようジェスチャーしていたのだ。

救急車がグランド内に入り、佐野を搬送する様子を当時のテレビは生中継していた。

とても衝撃的だっただろう。

症状は頭蓋骨陥没骨折。

この事故をきっかけに選手の身を守るため、プロ野球12球団すべての球場のフェンスにラバーを張ることが義務づけられた。

現在佐野は阪神タイガースの総括スカウトとして、選手時代同様、闘志を燃やしながら有望選手を探している。

合わせて読みたい記事

野球うんちく一覧!!日々更新中!!

こちら↓をクリックしていただけると、ブログ運営の励みになります。 どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ

野球うんちくNo.10 バックスクリーンに観客を入れない理由

興行的にみれば打者・投手の対決を延長線上で見ることができる特等席であり、座席数も増やせると良いことづくめだ。

それでもバックスクリーンに観客を入れないのには理由がある。

f:id:to-ichi:20171118153525j:plain

打者・投手の延長線上というのが最大のポイントだ。

そこに白い服・ユニフォームを着た観客がたくさん座っていたら、応援団が白い旗を大きく振っていたらどうだろう。

打者・捕手・球審の三者は投球が見えづらくなり、当然打者の打率は下がる。

また投球が見えづらいということは、危険度が増すということでもある。

打者は危険球への反応が遅れる。

捕手は捕球ができない。

審判は捕球できなかった投球が直に当たる。

ちょっとした怪我では済まされないのだ。

公認野球規則によるバックスクリーンの制約はない。

しかしプロ野球の球場ではバックスクリーン下に座席を造らないか席を暗色にし、いずれにせよ観客を入場させない措置をとっている。

打者・投手の延長線上にあるのはバックスクリーンだけではない。

反対側にはバックネットがあり、バックネット裏には観客がいる。

これでは投手の危険度が増すと心配になるだろう。

しかし投手は安全面から見て三者(打者・捕手・捕手)ほど危険ではない。

捕手からの返球は投球ほど力はないし、見失ったとしても投手は三者に比べ逃げやすい体勢だ。

とはいえ強烈なピッチャー返しは危険度が増す。

投球時に観客が視界に入り気になる。

そこでプロ野球の球場では投手心理・安全面を考え、観客を座らせる代わりにさまざまな対策が施されている。

・ホームからバックネットまで距離をとる

・バックネット下部のフェンスを高くする

・バックネット下部を関係者室にし、スモークガラスにする

球場により色は異なるが、何かしら対策をし投手のストレス低減に努めている。

選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、球場造りから綿密に計算されていることがお分かり頂けただろうか。

この他にも様々な工夫が隠されており、こちらも合わせて読んでいただきたい。

プロ野球球場のグランドに立つとワクワクする。

それはプロがプレーする場に立てた感動だけでなく、地方球場では体感することのできない華やかさであったり、職人たちが選手を思い造り上げた魂が我々に伝染して起こる興奮ではないだろうか。

見方を変えてプロ野球の球場を見ると面白い発見が次々に押し寄せてくる。

知らず知らずのうちに、皆さんも球場のファンになっているだろう。

野球うんちく一覧!!日々更新中!!

こちら↓をクリックしていただけると、ブログ運営の励みになります。 どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ

野球うんちくNo.9 プロ野球審判 オフは実家のお寺でお経

1995年 阪神vs広島 3塁塁審にてプロ野球審判1軍のデビューを果たした佐々木 昌信(ささき まさのぶ)審判員。

現在は審判員のクルーチーフとして活躍している。

一流の審判員であると同時に、オフシーズンは実家のお寺を手伝い、法事などでお経を読んでいる。

f:id:to-ichi:20171117124120j:plain

佐々木は将来実家のお寺を継ぐ思いがあり、浄土真宗の学び場である大谷大学へ進学。

大谷大学硬式野球を4年続けた。

プロを夢見たが挫折し、社会人野球を希望したが現実はそんなに甘くない。

そんな就活中、元プロ野球審判に出会ったのが佐々木の人生を変えた。

プロ野球の裏話や審判話を聞いているうちに興味を持ち、その人の「プロ野球の審判テストを受けたらどうだ?」という言葉がはじまりだった。

佐々木はまさか自分が受かると思わず、親にも内緒で記念受験感覚だ。

予想は外れ見事内定。

親にプロ野球審判内定の話をすと、詐欺にあっているのではないかと心配されたらしい。

この年は一般公募がなく、関係者などの推薦でしかテストを受けることができなかった。

3名の合格者の内2人は元プロ野球選手、1人は佐々木だ。

偶然が重なり狭き門をくぐり抜けプロになり、プロの世界でも信頼・技術を積み上げ現在のクルーチーフまで任させるようになった。

いまでも父親からお寺を継ぐ思いは変わらない。

父親が元気なおかげで佐々木も審判を続けられている。

そしてオフシーズンには勝負服をプロテクターから袈裟に替え、父親と共にお経を読んでいるのだ。

休むことも必要だが、オフシーズンにも自己啓発・親孝行に励む佐々木審判員を陰ながら応援したい。

野球うんちく一覧!!日々更新中!!

こちら↓をクリックしていただけると、ブログ運営の励みになります。 どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ