審判の目

とーいちと申します。野球うんちくをはじめ審判目線での野球分析、一条工務店にて新築を考え情報収集・開示、間取り紹介を通じて皆さんと意見交換をしたいです。

26坪 平屋の間取り 一条工務店仕様

マイホームに向けて自分なりに間取りを作成。



80坪の土地を先行購入。
南北に約14m、東西に約18m。
東側道路。



この土地に合うよう書いた。


f:id:to-ichi:20180106185010j:plain
(ロス90→ロスガード90という換気システムの機械。一条工務店は半畳スペースを利用しロスガード90を設置しなくてはならない)

こだわり

・廊下無し

・脱衣所に手洗い場を設けない

・キッチン裏の手洗い場、テーブルで女性は化粧

・化粧スペースだけでなくユーティリティー(家事コーナー)としても活用可能

・キッチン前にカウンターを持ってくることで、子供の宿題を見たり来客時の座席数UPなど、様々な場面で家の中心に集まりやすい空間へ

・子供部屋をLDKに面し小さい頃は遊び場、大きくなり子連れで帰省した際にも使い勝手を確保

欠点

・寝室とLDKが面しているため生活音が気になる場合がある

・プライバシーがないがしろになるなち

・廊下がないためトイレも脱衣所もLDKと直結

・南面にLDKにあるため、寝室の日当たりが悪い

・収納スペースが少なめ

まとめ

寝室の日当たりについては欠点でもあるが利点でもある。

一条工務店の家は家全体に床暖房が敷かれている。

冬場は寒くても床暖房がカバーしてくれる。

夏場は暑くなりにくい北側に寝室があることで、涼しく生活をおくれる。

廊下を無くしたことでLDKとトイレ・脱衣所が直結したが、目隠しの収納や手洗い場を設けることで、LDKと切り離した空間となる。



一条工務店は角が増えても追加料金がないため、このような贅沢な間取りができる。

他のハウスメーカーだと角が4~6個までは標準だが、それ以上だと追加料金が発生する。

この間取りは14個の角があるため数十万~百数十万円の追加料金がかかるのだ。



実際には25.75坪と26坪ではない。

小さく感じるだろうが私にはこれで十分だ。

ただ嫁は平屋を毛嫌いしている。

これは意味のない間取りかもしれないが、私は諦めたくない。



老後に優しい平屋。

移動距離が少ない平屋。

家族と近い平屋。



嫁も平屋の良いところをイメージするところからで良いから始めてほしい。